チンネ左稜線と八ツ峰Ⅵ峰Cフェース(真砂沢ロッジベース3泊4日テン泊)

★日付:2017年8/11(金)~14(月)
★天気:8/11 曇り→夕方から雨、8/12 曇り→八ツ峰Ⅵ峰Cフェース取付から雨→下山中の熊の岩付近から晴れ、8/13 晴れ時々ガス、8/14 晴れ時々ガス
★参加者:山宮(CL)、岩出(SL)
★山域:剱岳
★コース:室堂→剱御前小舎→剱澤小屋→平蔵谷出合→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→(長次郎谷)→(八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルート)→(八ツ峰上部縦走)→池ノ谷乗越→(北方稜線)→長次郎のコル→(長次郎谷左俣)→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→(長次郎谷右俣)→池ノ谷乗越→(池ノ谷ガリー)→三ノ窓→(チンネ左稜線)→チンネの頭→(池ノ谷ガリー)→池ノ谷乗越→(長次郎谷右俣)→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→平蔵谷出合→剱澤小屋→剱御前小舎→室堂

★コース状況:(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは山宮の個人的な感想です。)

剱沢雪渓(剱澤小屋~真砂沢ロッジ)
・上部は黒ユリの滝、下部は南無の滝が出ていてその付近は雪渓が歩けず夏道を歩きました。
・雪は固く締まっていて傾斜も緩く上り下りともノーアイゼンで歩けました。

長次郎谷
・長次郎谷出合~熊の岩までは中間付近の岩の周りの雪渓が溶けてましたが後は問題なく歩けました。
・傾斜があるのでアイゼン&ピッケルで登りました。
・落石にも注意しました。
 (下部の雪渓上に石が多くあったので特に下部では注意しました。)
・右俣はクラックがありますが繋がっている雪を歩きました。
 (一部雪渓が繋がってないところは岩場側面下部へ一旦下りてガレ場を歩き再度雪渓に戻って通過しました。)
・左俣もクラックがありますが繋がっている雪を歩き通せました。

八ツ峰Ⅵ峰Cフェース劒稜会ルート(2級、Ⅱ~Ⅲ、5P、155m)
・雨でも問題なく登れました。
 (落ちたら大怪我以上ですがロープは必要ないと思うぐらいでした。)
・全体的に易しく特にどこが核心とかはないと思います。

八ツ峰Ⅵ峰Cフェース上部~池ノ谷乗越
・雨でルート状況がわからず先行PTについていく形で巻けるところは巻道で巻きました。
・Ⅷ峰は尾根上を歩くと後で知ったのですが、その時は先行PTを見失い巻道が無くなりどう取付くか迷いましたが何とか取付きを見つけ尾根上を登りⅧ峰を越えることができました。
・八ツ峰の頭に登れることを後で知ったのですが、その時は先行PTを追っかけて八ツ峰の頭はスルーしてそのまま池ノ谷乗越へと行きました。

北方稜線(池ノ谷乗越~長次郎のコル)
・特に問題なく通過しました。

池ノ谷ガリー
・浮石が多いと言うか浮石しかないと思うぐらい浮石しかありません。
 他の人とは間隔をあけて通過しましょう。

チンネ左稜線(4級下、Ⅰ~Ⅴ、15P、450m)
・伸ばせるところは伸ばしてPを切った。
・核心部の小ハングのところは支点がたくさんあった。
 カンテを使って登りハングのところで左へ移動し上へ抜ける感じですが最悪アブミ持ってれば安心だと思います。
 (アブミは携行してましたが使いませんでした。)
・他にもいやらしいところもあるが落ち着いて探せば問題なく登れます。
・基本ガバホールドが豊富でスタンスも豊富にあります。
 
チンネの頭からの下降
・いくつかルートがあるみたいですが、私たちはチンネの頭からチンネの頭と八ツ峰の頭の間へ下りて池ノ谷ガリーへ下るルートを使いました。
・チンネの頭からチンネの頭と八ツ峰の頭の間へは懸垂下降よりクライムダウンのほうが早くて安全に下れると思います。
 (チンネの頭にある懸垂下降点からクライムダウンするのではなくてチンネの頭にあるお約束で乗って写真を撮る飛び出た岩付近からハイマツのほうへと下る。)
・チンネの頭と八ツ峰の頭の間に支点がありますがその支点は使わずもう少し歩いて下りました。岩と岩の間を抜けると左に支点がありますがその支点も使わず右下に見えている支点まで更に下りそこから懸垂下降しました。
 (50mロープ1本で2回の懸垂下降。)
 ここはガレててザレてて浮石だらけなので落石に注意が必要です。
 (懸垂下降してくる人の下にいないとか、ロープを回収するときに元気に勢いよくひかないとか。)

★感想:今年のお盆山行は山岳会山行で前半3日は剱岳チンネ、個人山行で後半3日は北岳バットレスを計画しました。チンネは参加人数が少なくなり結局チンネもバットレスも岩出くんと2人で行くことになりました。8/12の雨、8/15~16の雨予報ということを検討しチンネ・バットレス両方とも登れなくなるという事態を避けようと2日目の朝にバットレスは諦めて中止することにし、チンネ4日の計画で動くことにして3日目のチンネの晴れにかけました!結果、最高の日にチンネ左稜線に登れてよかったです! (おまけの2日目の雨の八ツ峰もいろいろ良い経験になりました!)剣稜会ルートは雨でも快適に登れました。八ツ峰上部縦走は巻けるところは巻いて歩きましたがⅧ峰の尾根への取付きがわからず少し迷いました・・・・長次郎谷左俣の雪渓ですがクラック部分でも雪の繋がっているところがあるのでそこを通って問題なく歩けました。長次郎谷右俣の雪渓も問題なく歩けますが、クラック部分の1箇所だけ雪が繋がってないので左岸のガレ場に一旦下りて少し歩いて再度雪渓に取付きました。池ノ谷ガリーは浮石が多いというより浮石しかないという感じでした。

★反省:特にありません。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1227975.html

チンネ他(1)
初日の最後・・・これから3泊する真砂沢ロッジが見えました

チンネ他(2)
2日目・・・八ツ峰Ⅵ峰、右からA、B、C、Dフェース

チンネ他(3)
Cフェース剣稜会ルートを登る山宮

チンネ他(4)
Cフェース剣稜会ルートを登る岩出くん

チンネ他(5)
Cフェース剣稜会ルートを登る岩出くん

チンネ他(6)
八ツ峰上部縦走中

チンネ他(7)
長次郎谷左俣から下りる

チンネ他(8)
雪渓には左から取付く

チンネ他(9)
クラックを上手く避けながら歩く

チンネ他(10)
八ツ峰Ⅵ峰Cフェース、右からA、B、C、D、Eフェース

チンネ他(11)
長次郎谷右俣左俣、中央に熊の岩、右は八ツ峰、左は源次郎尾根

チンネ他(12)
朝焼けのチンネ左稜線

チンネ他(13)
朝焼けのチンネのジャンダルム

チンネ他(14)
朝日

チンネ他(15)
左稜線取付きへ

チンネ他(16)
朝焼け

チンネ他(17)
1P目を登る先行PT

チンネ他(19)
快適なフェースを登る先行PT

チンネ他(18)
登ってくる岩出くん

チンネ他(20)
左稜線の核心部を登っている先行PTが見える

チンネ他(21)
私たちもこれから核心部を登る・・・

チンネ他(22)
小ハングを突破する山宮

チンネ他(23)
右手のガバを掴んで『よし、突破だ!』と確信する

チンネ他(24)
岩出くんも核心部を登ってくる

チンネ他(25)
核心部を越え残りのフェースを登ると後は高度感のあるリッジ歩き

チンネ他(26)
チンネの頭に立つ岩出くん

チンネ他(27)
最終日・・・みくりが池から見た立山三山

チンネ他(29)
下山してカツ丼大盛りを喰らう!!


スポンサーサイト

子持山(獅子岩で日帰りマルチピッチ)

★日付:2017年7/9(日)
★天気:晴れ
★参加者:竹内(CL)、山宮(記録)、その他1名
★山域:子持山獅子岩(群馬県)
★コース:林道通行止め地点→7号橋→子持山登山口→分岐→獅子岩取付→6P終了点→獅子岩頂上→分岐→子持山登山口→7号橋→林道通行止め地点

★コース状況:(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは山宮の個人的な感想です。)

全般
 ・全体的にスタンスはあるので休みながら登れる。
 ・登るときに体を上げると持っている手が甘くなり厳しくなるところが何箇所かあった。
  また各ピッチに1手ぐらいは厳しいところがあった。
 ・上が空いていれば1P~2P、5P~6Pは繋げて登ったほうが時間効率が良いと思う。
 ・支点、終了点はしっかり整備されていました。
  (整備されている関係者の方々、ありがとうございます。)

1P 5.7(リード:竹内)
・細かいが問題なく登れた。

2P 5.7(リード:竹内)
・ピッチ間は短いが足を高く上げて立ち込まなければならない箇所があり柔軟性が必要。

3P 5.7(リード:竹内)
・フレークの左を登る。
・フレークを使ってレイバックで登るのが正解らしいがレイバックで登らずとも普通に登れる。
・1手厳しいところがあった。
・終了点はテラスで風通しがよく木の陰があって快適。

4P 5.8(リード:竹内)
・左手をうまく使い右に体重をかけながら登っていく。
・ホールドが細かく厳しいところが1手あり全体重を左手1本に預けるには勇気が必要。

5P 5.7(リード:竹内)
・特に厳しくなかった。
・印象が薄くてあまり覚えてない。
・終了点をスルーして5P~6Pを繋げて登った。

6P 5.7(リード:竹内)
・上部は立っていて厳しかった。
・左へ逃げてはダメ。

7P 5.7
・今回は登りませんでした。
・裏にある梯子から獅子岩の頂上に登りました。

★感想:今回は竹内会長に全てリードしてもらいました。
 (ロープを結び直すのが面倒だと言う竹内会長、リードで登るのは全然問題ないけどセカンドビレイが久しぶりであやしいのでリードは控えたいと言うKさん、特にリードで登ることに執着してない私の3人の意見が一致したので・・)
 事前にいろいろと情報を聞いてましたが思っていたより壁が寝ていたので安心して登れました。ただ今回はオールフォローで登ったので次回機会があればリードもしてみたいです。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1192183.html

20170709 (1)
1Pを登る先行PT

20170709 (2)
2Pを登るKさん

20170709 (3)
3Pを登る竹内会長

20170709 (4)
3Pを登るKさん

20170709 (5)
4Pを登るKさん

20170709 (6)
4P登攀中に3P終了点のテラスを見下ろす

20170709 (7)
6Pを登るKさん

谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜

★日付:2017年5月27日~28日
★天気:5月27日曇り時々雨 5月28日曇りのち雨
★参加者:T(CL)K(SL)I(記録)
★山域:谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁(6ルンゼ下降)
★コース:谷川岳ロープウェイ駐車場→一ノ倉沢出合→同駐車場幕営→一ノ倉沢出合→テールリッジ→中央稜取付→南陵テラス→6ルンゼ→南陵テラス下→テールリッジ→一ノ倉沢出合→谷川岳ロープウェイ駐車場
★コース状況:テールリッジ付近から雨が当たり始める。登攀中は終始雨、特に草原を歩くピッチ辺りから本降り、ここから 安全第一で登り始める。最終ピッチはかなり雨だと辛い。6ルンゼからの下降は特に問題なし
★感想:雨の日の南稜、まさしくアルパインクライミングと言った感じ。っとかっこ良く言うのは簡単、でも実際は命かかってるからね(笑。でも、色んな意味でとても勉強になった登攀だった。しかし、フラットソールってマジで滑りますね。登攀中は氷の上に足を置いてる心境(笑。次はバッチリ晴れた日にムーブを楽しめる登攀に行きたい。
南稜は雨が降ると南稜テラス~一ノ倉沢テールリッジ部までのフリーでの歩きが危ないけど、適切な所でロープ出せたし、適切な所にお助けロープあったりで、そのわりにスムーズに出来たのは良かった。

 ★山行の詳細はヤマレコにもあります。 
 ★ヤマレコ山行の詳細はこちらをクリック★ 




登攀中の会長

6ルンゼラペルステーション

馬の背後半を登攀中の会長

南稜テラスから見える白毛門

最終ピッチ。左のルンゼは6ルンゼ

テールリッジから振り返って

テールリッジ及び中央稜

ガスに包まれる谷川連峰

最終ピッチを登攀するI氏

1終了点から南陵テラス方面

南稜から見る中央稜

剱岳(小窓尾根~早月尾根テン泊周回)

★日付:2017年5/3(水)~5/5(金)
★天気:5/3 高曇り、5/4 晴れ、5/5 曇りのち晴れ
★参加者:石附(CL)、竹内(SL)、山宮(記録)、岩出
★山域:剱岳小窓尾根(下山は早月尾根)
★コース:馬場島→小窓尾根取付き→P2121(テン泊)→ニードル→ドーム→マッチ箱→小窓ノ頭→小窓ノ王→三ノ窓→池ノ谷ガリー→池ノ谷乗越→長次郎ノ頭→長次郎のコル(テン泊)→剱岳→早月小屋→馬場島
★コース状況:GWなのでそれなりに人が入っておりトレースはありました。雪質は朝から緩い感じでした。50mロープ×2本を携行して行きましたがロープが必要と迫られるところはなかったように思います。(せっかく持っていったので小窓ノ王脇の雪壁を下る時に懸垂下降で使いましたが・・・)ただしミスすれば大怪我以上というところはしょっちゅう出てくるのでパーティーの技量に合わせてロープを出すことは必要だと思います。早月尾根上部は侮れない下りもありますが、早月小屋より下は雪が付いていると快適に下れます。
★感想:GW会山行で剱岳小窓尾根に行ってきました。3日間とも恵まれた天候で登山することができ良かったです。また剱尾根、チンネ、八ツ峰などの景色も堪能できて今後の登攀意欲が高まりました!!

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1133682.html

1_201705301012063a9.jpg
小窓尾根取付き

2_20170530101208868.jpg
P1614地点で剱岳をバックに記念撮影

3_201705301012097bb.jpg
5/3のテン場より明日登るニードル方面を眺める

3-1.jpg
5/4、今日は快晴!

4_20170530101212707.jpg
ニードル、ドームを越えて次はマッチ箱へ

IMGP6477.jpg
痩せ尾根を先頭で突破する竹内会長

4-2.jpg
最後尾はリーダー石附さん

4-3.jpg
ぐずぐずの雪壁をトラバースしてから上へ

4-4.jpg>
よっこいしょ(笑)

5.jpg
マッチ箱の上は平ら

5-0.jpg
小窓ノ頭を目指す

5-1.jpg
迫力のある小窓ノ王

6_201705301025120a7.jpg
左からチンネ、池ノ谷ガリー、?、長次郎の頭

7_2017053010244774e.jpg
剱尾根・・・いつか登る日が来るのだろうか・・・

8_20170530102449c01.jpg
ここで懸垂

9_20170530103232741.jpg
池ノ谷ガリーの登り

10_201705301032342c9.jpg
池ノ谷乗越から八ツ峰上部を眺める

10-1.jpg
北方稜線を歩き今日のテン場へ

11.jpg
長次郎のコルへの下り

12_2017053010360450a.jpg
5/4のお宿

11-1.jpg
みなさんお疲れ?(笑)

13_20170530103606dd1.jpg
5/5の朝

14_2017053010360732e.jpg
朝日を浴びる八ツ峰、長次郎谷、源次郎尾根

15_20170530103610462.jpg
【剱岳山頂】ガスが晴れてきて遠くに富士山も見える

16_2017053010361334d.jpg
【剱岳山頂】立山方面。遠くに槍穂も見える。

16-0.jpg
【剱岳山頂】富山方面。山頂の祠は屋根しか出てない。

16-2.jpg
【剱岳山頂】ワイワイガヤガヤ

16-3.jpg
早月尾根の下りも侮れない

16-4.jpg
てくてく

17_20170530104042127.jpg
長いクライムダウンも雷鳥に癒され一息つく

18_20170530104435f39.jpg
早月尾根より剱岳を見る

19_2017053010443655e.jpg
早月尾根より小窓尾根を見る・・・ニードルはわかりやすい(笑)

谷川岳(一ノ倉沢出合~東尾根~天神平日帰り周回)

★日付:2017年3/12(日)
★天気:晴れ(風はほぼ無風、山頂~肩の小屋で若干風がでてきました。)
★参加者:石附(CL)、山宮(SL)、岩出(記録)、進藤(み)、進藤(ま)、他1名
★山域:谷川岳東尾根(谷川岳)
★コース:ロープウェイ土合口駅→一ノ倉沢出合→(一ノ沢)→シンセンのコル→第二岩峰→第一岩峰→谷川岳(オキの耳)→谷川岳肩の小屋→ロープウェイ天神平駅
★コース状況:一ノ沢は終始トレースがあり階段になってました。
東尾根上もトレースがありました。
雪量は少ないようです。
雪質はグサグサなところもありアックスが決まりづらいところでは難儀しました。
★感想:会山行で谷川岳冬季バリルートを初体験してきました。
事前(3/5の日曜日)に五頭山でクレイムハイストでの登りやスタンディングアックスビレイのやり方などを訓練し当日にのぞみました。
会に入って間もない岩出くん、進藤(み)さん、新藤(ま)さんは初めてのアルパインで冬季バリも初!!・・・とても緊張したことでしょう(笑)
また、このメンバーを引っ張ってくれたリーダーの石附先輩は気苦労が絶えなかったと思います。お疲れさまでした。
私個人的には、天気晴れ、風無し、トレースありあり、第一岩峰直登なし、山頂直下雪庇崩して直登なしという高条件だったので苦もなく登れました!!・・・私もいろいろ経験してきたということなのかなー(笑)
欲を言えば第一岩峰手前のスノーリッジはもう少し尖っていて欲しかった(笑)

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1083633.html


IMGP6207_201703181110382e4.jpg
一ノ倉沢出合を出発する

IMGP6211_2017031811104077e.jpg
一ノ沢からシンセンのコルへ

IMGP6221_20170318111040f5d.jpg
一ノ沢左方ルンゼに取付くパーティー・・・いつかは自分も。

IMGP6222_201703181110427fc.jpg
一ノ沢はトレースがしっかりあり階段状になっていて歩きやすかった

IMGP6225_2017031811104338d.jpg
下を見ると大勢の人たちが東尾根に登ってくる

IMG_5391-0.jpg
第二岩峰は渋滞してる・・・

IMGP6231_20170318112412fed.jpg
シンセン岩峰・・・ここ歩く人いるの?って話してましたが、、、いました(笑)このあと目撃しました!!

IMGP6232_201703181124123f6.jpg
ここの乗越は雪がグサグサでやらしかった

IMGP6236_20170318112414dc5.jpg
渋滞で1時間ぐらい待ってようやく第二岩峰へ取付く

IMGP6238_2017031811241550c.jpg
進藤(ま)さんが登攀中!!(トップの石附さん、2番手の進藤(み)さんは写真撮り忘れww)

IMGP6244_20170318113040641.jpg
岩出くんが登攀中!!

IMGP6246_20170318113041807.jpg
Nくんが登攀中!!(最後の私は写真なしww)

IMGP6253_20170318113042723.jpg
てくてく

IMGP6254_2017031811304385b.jpg
とことこ

IMG_5393_2017031811335862c.jpg
ここまでくれば山頂も見える!!

2637_20170318113508c35.jpg
小休止中に進藤(ま)さんが持ってきた練乳で盛り上がる(笑)

IMGP6258_20170318113822624.jpg
岩出くんクライムダウン中!!

2639_2017031811382394a.jpg
岩出くんクライムダウン中!!(反対から)

2654_20170318113824077.jpg
第一岩峰は右から巻きました。
遊びで少し取付いてみる・・・ガバ&スタンス豊富でフリーで登れる感じでした!

IMGP6268_20170318113825491.jpg
山頂直下の雪庇崩しはお預けして雪庇を左から巻いて山頂へ

IMGP6267_2017031811382707a.jpg
横を向けばトマの耳は大賑わい

IMGP6270_20170318114428ec9.jpg
振り向けば歩いてきた東尾根

IMGP6279_201703181144303f7.jpg
山頂(オキの耳)で記念撮影

2659_201703181144305a8.jpg
肩の小屋にて・・・頼れるリーダー、石附先輩!!

プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク