海谷三山(駒ヶ岳~鬼が面山~鋸岳日帰り周回)

日付:2016年07/23(土)
天気:曇り(稜線上はガス)
参加者:山宮(ソロ)
山域:新潟県糸魚川市海谷山塊(駒ヶ岳・鬼が面山・鋸岳)
コース:海谷三峡パーク→駒ヶ岳→鬼が面山→鋸岳→海谷渓谷→海谷三峡パーク
コース状況:登山道は刈払いされていた。道迷いの心配はないが登り下りが急なので注意が必要。熊に注意。海谷渓谷では渡渉箇所あり。
感想:楽しみにしていた稜線歩きはガスっていて眺望なし・・・。海谷渓谷は上高地に似ているといわれるとおり雰囲気がよかった。(両サイドの岩に登れるのか?気になった。)

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-924371.html


駒ヶ岳
駒ヶ岳山頂

急な下り
急な下り

ハシゴ
垂直はしご

渡渉中
渡渉中・・・

海谷渓谷
海谷渓谷

IMGP5054.jpg
このスラブは登れるのか・・・

IMGP5061.jpg
このルーフは突破できるのか・・・
スポンサーサイト

谷川岳・ダイレクトカンテ登攀2016.5.15 石附記

念願だった谷川岳・ダイレクトカンテに新潟R友会・Mさんと行ってきました。
午前8:00 中央稜取りつきから20m下のアンザイレンテラスにトラバース、わかりにくく何度も戻る、テラスへの登り口が悪い。
テラス から10mほど懸垂するが、足場が悪いので要注意。
9:30 登攀開始、1ピッチ40mは石附トップ、斜度があり、支点がないので緊張する。土砂で崩れルート図と違うが踏後発見。
右トラバースして直登する。やっとビレイポイントにつくが、時間がかかりすぎた。
10:30 2ピッチ目は、Mさんと交替、出だしでラインを間違えたらしく手間取っている。私は、のんきに写真などとっていたが
     このピッチが一番時間かかる。登ってみると残置支点がやばそうで緊張する。最後のフリーが厳しかった。
午後1:30 相当時間がかかった。石附トップだがとにかく支点が悪い、A2とはこんなものか、ハングを右トラバース、 ビレイポイ
    ント手前が乗越しできない、しばらく迷ってクラックにカムをセットしてアブミで這い上がる。
午後4:00 Mさんがトップ、すこしづつロープが伸びるが日も落ちてきた。中央稜や烏帽子奥壁からクライマーが帰っていき、 少
     し不安になる。ビレイしていると寒くなる、ようやくコールがかかる。このトラバースは聞いてたより意外に残置が多い。
   6:00 ようやく登攀終了。うす暗くなっていく中、北稜の下降を終え、衝立前沢に入ると完全に日が暮れた。
   8:00 一の倉沢出会い到着。
       無駄が多く、未熟さを実感するクライミングになったが、私には充実した山行だった。
       同行してくれたMさん。ありがとうございました。       
      ダイレクトカンテ
 
        
プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク