槍ヶ岳(中崎尾根~大喰尾根小屋泊周回)

★日付:2017年3/19(日)~20(月)
★天気:3/19(日)曇り時々雪→雪
      3/20(月)晴れ(強風→無風)
★参加者:山宮(CL)、岩出(SL)
★山域:槍ヶ岳(北アルプス)
★コース:新穂高温泉→槍平小屋(冬季小屋泊)→(中崎尾根)→(西鎌尾根)→槍ヶ岳山荘→槍ヶ岳→槍ヶ岳山荘→飛騨乗越→(大喰尾根)→宝の木→槍平小屋→新穂高温泉
★コース状況:新穂高温泉~槍平小屋は終始トレースあり。
中崎尾根、西鎌尾根、大喰尾根はトレースなし。槍穂先の鎖場の鎖は雪に埋まってました。
槍穂先下部や大喰尾根ではアイゼンに雪団子ができやすく滑りやすくなるので注意が必要。
ほとんどの谷にはデブリは無く、これから春に向けて雪崩れるものと思われます。
★感想:岩出くんが「雪のあるうちにふら~っと槍に登りたいです」と言っていた。
その話に乗っかって槍平冬季小屋1泊2日の日程で一緒に行くことになった。
槍平までのアプローチは長いし荷物も重いし疲れました。(当然、帰りも疲れました。)
槍平までのアプローチ日に雪が降っていてましたが、アタック日の深夜小屋を出発するときには雪は止み月や星が見えていました。
積雪は20cmぐらいあり千丈乗越までは基本膝下ラッセル、吹き溜まりのところは腰ラッセルでした。
天気予報通りアタック日は風があり中崎尾根の途中で月や星は見えているのに雪が舞って視界が確保できず風を避けられるところでツエルトを被って様子見しました。
風がおさまる気配はなかったので風の弱いところまで少し戻り雪洞掘って停滞し夜明けまで待ってみましたが体が冷えてきて風も相変わらずの状態だったので撤退することを決め下山開始しました。
しばらく歩いると風は弱くなってきました。
諸条件を確認して岩出くんと相談して再アタックすることにしました。
その後は順調に仙丈乗越、槍ヶ岳山荘と歩を進め無事に槍ヶ岳に登頂しました。
下山は大喰尾根から宝の木まで下りて槍平へ行き、小屋にデポしておいた荷物を回収し新穂高温泉へ下山しました。
岩出くん01:30~21:00までの長い行動時間、お疲れさまでした。また何処か一緒に行きましょう。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1090235.html

IMGP6299.jpg
アプローチ日・・・ようやく槍平へ到着

IMGP6314.jpg
【中崎尾根雪洞停滞地点にて】アタック日、ここで撤退を決めたので記念撮影に余念がない岩出くん(笑)

IMGP6315.jpg
【中崎尾根雪洞停滞地点にて】穂高をバックに1枚

IMGP6317.jpg
【中崎尾根雪洞停滞地点にて】雪洞に入って1枚

IMGP6327.jpg
下山中・・・この後に状況が一変したので相談して再アタックすることに!!

IMGP6333.jpg
中崎尾根から見た飛騨沢

IMGP6335.jpg
ここは直登せず右からトラバースして千丈乗越へ

IMGP6336.jpg
予定より4時間44分遅れの9時44分に千丈乗越に到着

IMGP6337.jpg
雷鳥が雪の中から飛び出してきてビックリ!!

IMGP6341.jpg
岩出くんガンバレ

IMGP6344.jpg
あと少し

IMGP6348.jpg
ガンバ!!

IMGP6349.jpg
まだまだ余裕ありそうだね(笑)

IMGP6353.jpg
おつかれ~

IMGP6356.jpg
岩出くん、やったね♪

IMGP6359.jpg
セルフで撮ったツーショットはピンボケ(笑)

IMGP6376.jpg
【大喰尾根トップにて】槍を見て休憩中の岩出くん
スポンサーサイト

谷川岳(一ノ倉沢出合~東尾根~天神平日帰り周回)

★日付:2017年3/12(日)
★天気:晴れ(風はほぼ無風、山頂~肩の小屋で若干風がでてきました。)
★参加者:石附(CL)、山宮(SL)、岩出(記録)、進藤(み)、進藤(ま)、他1名
★山域:谷川岳東尾根(谷川岳)
★コース:ロープウェイ土合口駅→一ノ倉沢出合→(一ノ沢)→シンセンのコル→第二岩峰→第一岩峰→谷川岳(オキの耳)→谷川岳肩の小屋→ロープウェイ天神平駅
★コース状況:一ノ沢は終始トレースがあり階段になってました。
東尾根上もトレースがありました。
雪量は少ないようです。
雪質はグサグサなところもありアックスが決まりづらいところでは難儀しました。
★感想:会山行で谷川岳冬季バリルートを初体験してきました。
事前(3/5の日曜日)に五頭山でクレイムハイストでの登りやスタンディングアックスビレイのやり方などを訓練し当日にのぞみました。
会に入って間もない岩出くん、進藤(み)さん、新藤(ま)さんは初めてのアルパインで冬季バリも初!!・・・とても緊張したことでしょう(笑)
また、このメンバーを引っ張ってくれたリーダーの石附先輩は気苦労が絶えなかったと思います。お疲れさまでした。
私個人的には、天気晴れ、風無し、トレースありあり、第一岩峰直登なし、山頂直下雪庇崩して直登なしという高条件だったので苦もなく登れました!!・・・私もいろいろ経験してきたということなのかなー(笑)
欲を言えば第一岩峰手前のスノーリッジはもう少し尖っていて欲しかった(笑)

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1083633.html


IMGP6207_201703181110382e4.jpg
一ノ倉沢出合を出発する

IMGP6211_2017031811104077e.jpg
一ノ沢からシンセンのコルへ

IMGP6221_20170318111040f5d.jpg
一ノ沢左方ルンゼに取付くパーティー・・・いつかは自分も。

IMGP6222_201703181110427fc.jpg
一ノ沢はトレースがしっかりあり階段状になっていて歩きやすかった

IMGP6225_2017031811104338d.jpg
下を見ると大勢の人たちが東尾根に登ってくる

IMG_5391-0.jpg
第二岩峰は渋滞してる・・・

IMGP6231_20170318112412fed.jpg
シンセン岩峰・・・ここ歩く人いるの?って話してましたが、、、いました(笑)このあと目撃しました!!

IMGP6232_201703181124123f6.jpg
ここの乗越は雪がグサグサでやらしかった

IMGP6236_20170318112414dc5.jpg
渋滞で1時間ぐらい待ってようやく第二岩峰へ取付く

IMGP6238_2017031811241550c.jpg
進藤(ま)さんが登攀中!!(トップの石附さん、2番手の進藤(み)さんは写真撮り忘れww)

IMGP6244_20170318113040641.jpg
岩出くんが登攀中!!

IMGP6246_20170318113041807.jpg
Nくんが登攀中!!(最後の私は写真なしww)

IMGP6253_20170318113042723.jpg
てくてく

IMGP6254_2017031811304385b.jpg
とことこ

IMG_5393_2017031811335862c.jpg
ここまでくれば山頂も見える!!

2637_20170318113508c35.jpg
小休止中に進藤(ま)さんが持ってきた練乳で盛り上がる(笑)

IMGP6258_20170318113822624.jpg
岩出くんクライムダウン中!!

2639_2017031811382394a.jpg
岩出くんクライムダウン中!!(反対から)

2654_20170318113824077.jpg
第一岩峰は右から巻きました。
遊びで少し取付いてみる・・・ガバ&スタンス豊富でフリーで登れる感じでした!

IMGP6268_20170318113825491.jpg
山頂直下の雪庇崩しはお預けして雪庇を左から巻いて山頂へ

IMGP6267_2017031811382707a.jpg
横を向けばトマの耳は大賑わい

IMGP6270_20170318114428ec9.jpg
振り向けば歩いてきた東尾根

IMGP6279_201703181144303f7.jpg
山頂(オキの耳)で記念撮影

2659_201703181144305a8.jpg
肩の小屋にて・・・頼れるリーダー、石附先輩!!

硫黄岳(八ヶ岳山荘から日帰りピストン)

日付:2017年3/7(火)
天気:曇り時々雪
参加者:山宮、他4名
山域:硫黄岳(八ヶ岳)
コース:八ヶ岳山荘駐車場→赤岳山荘→(北沢ルート)→赤岳鉱泉→硫黄岳→赤岳鉱泉→(北沢ルート)→赤岳山荘→八ヶ岳山荘駐車場
コース状況:人気ルートでトレースはバッチリあったので携行したワカン・スノーシューは未使用でした。
特に危険個所はありませんが赤岩の頭のある稜線へ上がるときの雪壁が降雪後雪崩れることがあるようなので注意しました。
感想:友人のアルプスデビューしたいという想いを受け北アルプスの唐松岳に登る計画を立てた。
当初、あれよあれよという間に10人ぐらいの参加希望があり大所帯山行になるなーと思ってましたが、いろいろあり最終参加者は5名となりました。
唐松岳は晴天なら難しくないですが、悪天ならどんなベテランでも登れないと思うので山行決行は晴天限定としていましたが、残念ながら天気予報は雪予報で良くなかったので代換え案の硫黄岳に登ることに直前に変更しました。(全国的にいまいちな天気で代替えなのに晴れではなく曇り時々雪でしたが・・・)
いつもは退屈な林道歩きも大勢でワイワイと賑やかに歩け楽しかったです。
強風予報でしたが実際には全然たいしたこともなく無事登頂できました。

山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1079839.html


17230346_1015716175227023_750164685_o.jpg
アイスキャンディーと大同心

IMGP6163.jpg
樹林帯を抜けあとは目の前の山頂を目指すのみ

IMGP6170.jpg
硫黄岳の山頂

IMGP6171.jpg
爆裂火口

17175995_1015717488560225_1271113217_o.jpg
てくてく

17200741_1015719928559981_1105543611_o.jpg
帰り道に出会ったカモシカ



阿弥陀岳(船場十字路~南稜~御小屋尾根日帰り周回)

日付:2017年2/26(日)
天気:晴れ
参加者:山宮、他2名
山域:阿弥陀岳南稜(八ヶ岳)
コース:船場十字路→立場岳→青ナギ→阿弥陀岳→御小屋山→船場十字路
コース状況:土曜日に大勢入っていたようでトレースがあり携行したワカンは未使用でした。
P3ガリーの1ピッチ目は完全に凍化しておりアックス、アイゼンがしっかり決まり登りやすかった。
1ピッチ目の終了点までは50mロープでは少し届かないので60mロープを持っていった。
1ピッチ目の終了点のアンカーは1箇所しかなく他に取るとすればアイススクリューが必要、1個のアンカーに思いっきりテンションはかけたくないと思った・・・
感想:友人から冬の阿弥陀に登りたいとリクエストがあり、どうせ登るなら南稜にしようということで計画を立てた。
当日に先立ち事前(2/4の土曜日)にカッタン岩の下の急斜面でロープワーク(主にクレイムハイストでの登り方)の練習をして本番に備えました。
船場十字路からP3ガリーまでは雪山登り、樹林帯を抜けると景色が最高でした。
核心のP3ガリーはロープを出したので時間はかかりましたが問題なく通過し、P4の一部やらしいトラバースも気を抜くことなく通過し無事登頂できました。
下山は御小屋尾根から下りましたが相変わらず長くて退屈な尾根でした(笑)

山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1073175.html

IMGP6108.jpg
これから登る阿弥陀岳南稜

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0024
P3ガリー手前で準備完了

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0021
P3ガリー1ピッチ目をフリーで登る

IMGP6131_20170328092021b6f.jpg
2番手はTさんはクレイムハイストで登る

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0017
3番手はKくん

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0014
Kくんの登りが早くて私の腕がパンパン(笑)

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0001
Kくんにセルフビレイしてもらいロープを渡してTさんのクレイムハイストの準備をする

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0093
2ピッチ目もフリーで!

IMGP6137_20170328092600096.jpg
無事に核心のP3を突破!!残すはP4のみ

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0082
P4のやらしいトラバース

IMGP6140_20170328092657daf.jpg
最後にこのルンゼを登りきると山頂

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0075
阿弥陀岳に登頂!!

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0061
山頂にて・・・バックには赤岳

20170226阿弥陀岳南陵チー分_170227_0056
下りも樹林帯までは急斜面で気を抜けない

粟ヶ岳(中央登山口から6合目まで日帰りピストン)

日付:2017年2/25(土)
天気:雪のち晴れ
参加者:山宮、他1名
山域:粟ヶ岳(川内山塊)
コース:除雪最終地点→中央登山口→6合目→中央登山口→除雪最終地点
コース状況:降雪後でノートレース
感想:最近厳しいところ歩いてないなー。と思いトレーニングで粟ヶ岳へ。
降雪後でトレースが無かったので6合目までラッセル。(同行した友人は雪山経験が浅いので私が終始先頭でラッセルしました。)
6合目目前で視界が悪くなってきたので「今日は6合目まで!」と決めて6合目まで登る・・・6合目に着くとさらに視界が悪くなる・・・諦めて下山・・・晴れる・・・山あるあるでした(笑)
翌日の阿弥陀岳南陵を登る前に良いトレーニングができました!!

山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1078878.html


IMGP6069.jpg
もふもふノートレース♪

IMGP6081.jpg
視界ほぼゼロの6合目

IMGP6096.jpg
下山すると晴れる・・・



黒斑山(高峰高原ビジターセンター駐車場から日帰り周回)

日付:2017年2/19(日)
天気:晴れ(微風だが風は冷たい。)
参加者:山宮、他1名
山域:浅間山
コース:高峰高原ビジターセンター駐車場→(表コース)→車坂山→槍ヶ鞘→トーミの頭→黒斑山→トーミの頭→(中道コース)→高峰高原ビジターセンター駐車場
コース状況:人気ルートでトレースはバッチリありました。(一部吹き溜まりもありましたが・・・)
感想:2017年2/19現在、浅間山は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)で登れないのですが、以前冬に登った時の冠雪した浅間山の山容が素晴らしくまた見たくなったので友人と黒斑山を登ってきました。
思っている以上にもくもくと噴煙が凄かったです。
トレースがバッチリで携行したワカン、アイゼンは未使用でした。

山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1069281.html

IMG_5323.jpg
槍ヶ鞘から見た浅間山

IMG_5333.jpg
黒斑山から見た浅間山

霧積(日帰りアイスクライミング)

日付:2017年2/5(日)
天気:晴れ→曇り→雪
参加者:竹内、石附、山宮(記録)、岩出、他2名
山域:霧積
コース状況:凍りはそこそこ発達してましたが、まだまだ小さいそうです。
感想:会山行でアイスクライミングを初体験してきました。
今回は会に入って間もない岩出くん、この後、会に入会するSさん、クライミングの強いDさん、そして私とアイス初めての人が4名おりアイス入門として霧積に行ってきました。
リードでの緊張感はまた別物なのだろうとビレイしながらひしひしと感じてましたが、私たちはトップロープで思いっきり楽しめました♪
竹内会長、石附先輩ありがとうございました。

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1060758.html


IMG_5194.jpg
1/29にカッタン岩でアイゼントレ(竹内会長、山宮、岩出くん、Sさん夫妻、山宮の友人2名が参加)をして初アイスに備える

IMG_5268.jpg
竹内会長、石附先輩がリードで登りトップロープをかけてきてくれる

IMG_5207.jpg
左にDさん、右に岩出くん

IMG_5306.jpg
左に岩出くん、右に山宮

IMG_5246.jpg
場所をダムサイトに移してほぼバーチカルな氷を登る

IMG_5251.jpg
楽しい♪

IMG_5255.jpg
山宮の写真ばかり(笑)

IMG_5274.jpg
Sさん

赤岳(八ヶ岳山荘から西壁主稜テン泊周回)

日付:2017年1/21(土)~22(日)
天気:1/21 曇りのち晴れ
    1/22 曇り時々小雪(森林限界を超えると強風でした。)
参加者:山宮、他1名
山域:赤岳(八ヶ岳)
コース:八ヶ岳山荘駐車場→赤岳山荘→(北沢ルート)→行者小屋(テン泊)→(文三郎尾根)→赤岳西壁主稜取付→(赤岳西壁主稜)→赤岳→文三郎尾根分岐→(文三郎尾根)→行者小屋→(北沢ルート)→赤岳山荘→八ヶ岳山荘駐車場
コース状況:人気ルートだけあって主要な終了点にはしっかりしたアンカーが2箇所打ってあった。途中のランニングビレイはピナクル等をを利用できるが核心部分を越えるとフリーで登れてしまうので途中のランニングビレイの必要性はほとんど無かった。
感想:昨年3月に友人からのお誘いで計画した赤岳西壁主稜、直前で友人の都合が悪くなりキャンセルとなってしまって計画は流れてしまった。
昨年12月に友人から再度お誘いがあり今回の計画となった。
初日は行者小屋までの移動でしたがテン泊装備は重く長い林道歩きは疲れた。
翌日のアタック日は天気予報通りの曇りで森林限界を越えると強風だった。
それもまたアルパインぽっくて良かった(笑)
最初に出てくる赤岳西壁主稜の核心部チョックストーン(Ⅳ-)は友人がトップでチャレンジするも登れず私とトップを代わり突破する。
時間短縮の為ロープが必要ないところはフリーで登った。(ロープは最初の2ピッチとその次の0.5ピッチ、あとは中間にあるチムニー直下の1ピッチで使用、0.5ピッチを友人がその他は私がトップでした。)
途中、私の安全環付カラビナが回らなくなり確保器が使えなくなったのですがムンターヒッチでその場をしのぎ、ザックの中に予備として忍ばせておいたエイト環で確保しました。
いろいろありましたが全く動じず冷静に対処できたのは良かったです!
天気は悪かったのですが人気コースで渋滞も無く岩稜歩きを楽しめました♪

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1051198.html


IMGP5997.jpg
文三郎尾根から赤岳西壁主稜へ取付く

IMGP5998.jpg
最初にして最大の難関、赤岳西壁主稜の核心部チョックストーン(Ⅳ-)

IMGP6001.jpg
この辺はフリーで!

IMGP6002.jpg
この辺もフリーで!

IMGP6005.jpg
チムニーを越えビレイ中に1枚。

IMGP6006.jpg
この辺もフリーで快適に登る。(友人が登り終えるのを待ちながらの1枚。)

IMGP6010.jpg
誰もいない山頂


妙義山(中ノ岳~鷹戻し日帰り周回)

日付:2017年1/15(日)
天気:曇り時々小雪
参加者:山宮
山域:表妙義の中ノ岳~堀切区間(西上州)
コース:中之嶽神社駐車場→表妙義縦走路のコル→中ノ岳→東岳→鷹戻し→堀切→第四石門→中之嶽神社駐車場
コース状況:鷹戻し区間の通行禁止が2016.12.05に解除されました。雪が付いている岩場は危険なので滑落しよう注意が必要です。(私は危険個所はロープを出し懸垂下降で下りました。)
感想:ちょっとしたドキドキを味わいたいのとアイゼントレもしたいということで今回は表妙義を縦走する計画を立てた。アイゼントレなので積雪は問題ないのですが駐車場に着くと軽い吹雪・・・吹雪はやだなーとネガティブになり車中で仮眠しながら待機。
2時間後、雪は止んだので行けるところまで行ってこようと準備し予定していた時間より遅れてスタート。(この段階で表妙義縦走は諦めていて鷹戻しだけは通過してこようと考えてました。)
誰も登っていない登山道をてくてく、縦走路に上がり岩場鎖場を通過する。
登りは雪が付いていても問題なく登れたが、下りは岩場が雪に埋まっていて足元は見えず雪は凍っているのではなく岩に乗っかっている程度なので滑る・・・スリップして滑落しそうな危険個所は積極的にロープを出し懸垂下降しました。(計3箇所)
雪を避けて関東に来たのに雪に降られる・・・結果とても良いトレーニングになりました(笑)

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1047515.html

IMGP5878.jpg
縦走路は道幅が狭く高度感あり!!

IMGP5880_20170328101655bac.jpg
中ノ岳

IMGP5897_201703281016558b4.jpg
東岳

IMGP5903_20170328101657b62.jpg
手前に鷹戻しと奥に相馬岳

IMGP5909.jpg
鷹戻しの始まり

IMGP5915_201703281020195ec.jpg
いったん登って隣へ下る

IMGP5922_201703281020219f4.jpg
ここからが鷹戻しの核心、まずはトラバースして

IMGP5924_2017032810202163e.jpg
今回はロープを出して下る

IMGP5930.jpg
ハシゴを下って鷹戻しの核心は終了

IMGP5946_2017032810202405e.jpg
堀切方面から見た鷹戻し


プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク