二子山(中央稜を日帰りマルチピッチ)

★日付:2017年5/27(土)
★天気:曇り→小雨
★参加者:山宮(CL)その他1名
★山域:二子山中央稜(奥秩父)
★コース:倉尾登山口→股峠→中央稜取付→7P終了点→二子山→股峠→倉尾登山口

★コース状況:

1P Ⅲ~Ⅳ+(山宮フォロー)
・少し登ってから右上する。
・染み出しがひどくてフリクションが効かずに滑るが、ホールドがガバばかりなのでそれをたよりに一気に登る。
・足元が滑らなければ難しくはないと思う。
・終了点はピナクルテラス。

2P Ⅴ-(山宮リード)
・左のカンテを登り、見えてる最後のハンガーあたりから右へ回り込み上へ。
・左のほうの濡れている岩を使いたくなかったが結局左の濡れている岩しか登れそうになく意を決して登る。
・それほど厳しくはないがリードは緊張した。
・終了点は高度感のあるバンド。
 (逆Y字クラックの真下にペツルのハンガー2個あり、その脇の岩にもペツルのハンガー2個あり。)

3P Ⅴ+ (5.7)(山宮フォロー)
・逆Y字クラックを上へ。
・ペツルのハンガーが短い間隔であるところ(三角の先端から上のあたり)が核心。
 右手はハンガー付近の上下に2つあるらしいカチ、左手はクラック内あるホールドを使うと簡単らしい・・・
・核心は厳しかったので(少し濡れているし使えそうなホールドやスタンスを探すのが面倒だったので・・・)時間をかけずに迷わずA0で登りました。
・カムは持っていきませんでした。
・終了点は大テラス。

4P Ⅳ+(リード)
・丸岩の右から取付いて左上し上へ。
・特に難しいところはない。
・終了点は大きなテラス。

5P Ⅴ-(フォロー) 
・少し登って左へトラバースして上へ。
・上へ行く途中で手を伸ばしてもサクッと届かないところが1箇所ある。
・思いっきり足をあげてそのガバを掴めればあとは特に難しいところはない。
・終了点の足元の石が動きそうでいやらしい。

6P Ⅲ~Ⅳ (リード)
・左から登って上へ
・特に難しいところはない。
・終了点は快適なテラス。

7P Ⅱ
・確保なしで(ロープは片付けずにコンテで)登りました。
・終了点は見慣れないごついアンカーでした。

★感想:天気予報に反して朝まで小雨・・・マルチピッチのデビューなのにコンディションは最悪でしたが、核心部分もなんとか突破し事故なく無事に登攀することができて良かったです。
雨上がりの岩(特に石灰岩)は滑ります・・・んなの当たり前か!!(笑)
今回はフリクションが効かず足は滑りまくりましたが手がガバホールドばっかりだったので何とか登れました。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1153640.html

1-0.jpg
1PをリードするAさん

1-1.jpg
1P終了点

2_20170530113748a9c.jpg
2Pを登ってくるAさん

3_201705301137509c0.jpg
3PをリードするAさん

3-1_20170530113752009.jpg
3P終了点の立ち木

4-0.jpg
4P

4-1_201705301141360f1.jpg
4Pをリードする山宮

5-0_20170530114136bc9.jpg
5P

5-1_20170530114138161.jpg
5Pを登ってくる山宮

6_20170530114139cb8.jpg
6Pをリードする山宮

7_20170530114525435.jpg
7P

IMGP6604.jpg
7P終了点

8_201705301145288ab.jpg
二子山の山頂
スポンサーサイト

谷川主脈(西黒尾根~谷川岳~万太郎山~平標山日帰り縦走)

★日付:2017年5/20(土)
★天気:晴れ(稜線上は終日北風が吹いていて快適♪)
★参加者:山宮(CL)
★山域:谷川岳、万太郎山、仙ノ倉山、平標山
★コース:土合駅→西黒尾根登山口→谷川岳(トマ、オキ)→肩の小屋→オジカ沢の頭→万太郎山→エビス大黒の頭→仙ノ倉山→平標山→松手山ー→平標山登山口
★コース状況:西黒尾根上部~谷川岳トマの耳まで残雪あり。稜線上はほぼ雪なし。松手山付近で若干雪あり。
★感想:自分のトレーニングがてら泊まりで谷川をウロウロする友人グループにビールの差し入れをしようと谷川主脈縦走してきました。万太郎山の山頂で友人に会いエビス350ml缶6本を無事届けることができました(笑)

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1146532.html


IMG_5519.jpg
夜明け

IMG_5521.jpg
谷川岳モルゲンロート

IMG_5525.jpg
西黒尾根上部の残雪

IMG_5532.jpg
オキの耳より・・・3月に登った東尾根

IMG_5533.jpg
オキの耳より・・・来週日曜日に会山行で中央稜組、南稜組が歩くであろう一ノ倉沢

IMG_5536.jpg
谷川主脈・・・万太郎山より先は見えにくい

IMG_5540.jpg
万太郎山の山頂より・・・登ってくる友人グループが見える

IMG_5545.jpg
仙ノ倉山

IMG_5548.jpg
仙ノ倉山の山頂でようやく平標山が見えた

剱岳(小窓尾根~早月尾根テン泊周回)

★日付:2017年5/3(水)~5/5(金)
★天気:5/3 高曇り、5/4 晴れ、5/5 曇りのち晴れ
★参加者:石附(CL)、竹内(SL)、山宮(記録)、岩出
★山域:剱岳小窓尾根(下山は早月尾根)
★コース:馬場島→小窓尾根取付き→P2121(テン泊)→ニードル→ドーム→マッチ箱→小窓ノ頭→小窓ノ王→三ノ窓→池ノ谷ガリー→池ノ谷乗越→長次郎ノ頭→長次郎のコル(テン泊)→剱岳→早月小屋→馬場島
★コース状況:GWなのでそれなりに人が入っておりトレースはありました。雪質は朝から緩い感じでした。50mロープ×2本を携行して行きましたがロープが必要と迫られるところはなかったように思います。(せっかく持っていったので小窓ノ王脇の雪壁を下る時に懸垂下降で使いましたが・・・)ただしミスすれば大怪我以上というところはしょっちゅう出てくるのでパーティーの技量に合わせてロープを出すことは必要だと思います。早月尾根上部は侮れない下りもありますが、早月小屋より下は雪が付いていると快適に下れます。
★感想:GW会山行で剱岳小窓尾根に行ってきました。3日間とも恵まれた天候で登山することができ良かったです。また剱尾根、チンネ、八ツ峰などの景色も堪能できて今後の登攀意欲が高まりました!!

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1133682.html

1_201705301012063a9.jpg
小窓尾根取付き

2_20170530101208868.jpg
P1614地点で剱岳をバックに記念撮影

3_201705301012097bb.jpg
5/3のテン場より明日登るニードル方面を眺める

3-1.jpg
5/4、今日は快晴!

4_20170530101212707.jpg
ニードル、ドームを越えて次はマッチ箱へ

IMGP6477.jpg
痩せ尾根を先頭で突破する竹内会長

4-2.jpg
最後尾はリーダー石附さん

4-3.jpg
ぐずぐずの雪壁をトラバースしてから上へ

4-4.jpg>
よっこいしょ(笑)

5.jpg
マッチ箱の上は平ら

5-0.jpg
小窓ノ頭を目指す

5-1.jpg
迫力のある小窓ノ王

6_201705301025120a7.jpg
左からチンネ、池ノ谷ガリー、?、長次郎の頭

7_2017053010244774e.jpg
剱尾根・・・いつか登る日が来るのだろうか・・・

8_20170530102449c01.jpg
ここで懸垂

9_20170530103232741.jpg
池ノ谷ガリーの登り

10_201705301032342c9.jpg
池ノ谷乗越から八ツ峰上部を眺める

10-1.jpg
北方稜線を歩き今日のテン場へ

11.jpg
長次郎のコルへの下り

12_2017053010360450a.jpg
5/4のお宿

11-1.jpg
みなさんお疲れ?(笑)

13_20170530103606dd1.jpg
5/5の朝

14_2017053010360732e.jpg
朝日を浴びる八ツ峰、長次郎谷、源次郎尾根

15_20170530103610462.jpg
【剱岳山頂】ガスが晴れてきて遠くに富士山も見える

16_2017053010361334d.jpg
【剱岳山頂】立山方面。遠くに槍穂も見える。

16-0.jpg
【剱岳山頂】富山方面。山頂の祠は屋根しか出てない。

16-2.jpg
【剱岳山頂】ワイワイガヤガヤ

16-3.jpg
早月尾根の下りも侮れない

16-4.jpg
てくてく

17_20170530104042127.jpg
長いクライムダウンも雷鳥に癒され一息つく

18_20170530104435f39.jpg
早月尾根より剱岳を見る

19_2017053010443655e.jpg
早月尾根より小窓尾根を見る・・・ニードルはわかりやすい(笑)

木曽駒ヶ岳・宝剣岳(千畳敷から日帰りピストン)

★日付:2017年4/22(土)
★天気:薄曇り時々晴れ(稜線上の風が吹き抜けるところは風が強く冷たい。)
★参加者:山宮(CL)、その他8人
★山域:木曽駒ヶ岳(中央アルプス)
★コース:ロープウェイ千畳敷駅→乗越浄土→中岳→木曽駒ヶ岳→中岳→宝剣岳(山宮ほか1名のみアタックでその他7名は休憩しながら待機)→乗越浄土→ロープウェイ千畳敷駅
★コース状況:ロープウェイ千畳敷駅から乗越浄土までの標高差約300mの雪壁登り下りが核心で雪質によっては厳しいと思う。また千畳敷カール内は雪崩れの巣窟なので注意が必要。
稜線上では風が強いことが予想されるので防寒防風対策は万全にすることも重要。
稜線の幅はまったりで広いのでホワイトアウトすると方向がわからなくなる可能性もあるので注意が必要。
宝剣岳に登るのならロープがあれば安心だと思います。
★感想:山友達とわいわい登山に行ってきました。バスとロープウェイで標高を一気に稼げる木曽駒ヶ岳はお手軽なのと同時に雪山初心者が3000m級の雪山に簡単に足を踏み入れることができるので危うさも感じました。乗越浄土まで急雪壁を登ればあとは快適な稜線歩き♪景色も最高でした♪みんな楽しそうにしてたので良かったです。まったり登山もいいもんですよ!

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1114371.html

IMG_5222.jpg
千畳敷カール

18111272_644240852441037_1557145984_o.jpg
乗越浄土まで頑張って登る

IMG_5230.jpg
中岳から見た木曽駒ヶ岳

IMG_5226.jpg
中岳から見た乗越浄土(左のカーブしてるあたり)方面。尖っているのが宝剣岳。

18052351_644242812440841_1197265050_o.jpg
あと一息

17990224_1052386494893324_6469463728952287279_o.jpg
木曽駒ヶ岳山頂で記念に1枚

18056318_1052386361560004_5609866516278678857_o.jpg
素晴らしい景色♪

18121699_1052387011559939_9176491516480113366_o.jpg
宝剣岳をバックで記念に1枚

18090733_1919785521633288_1771953770_o.jpg
宝剣岳登攀中

18056008_1052190401579600_2954163911320876293_o.jpg
宝剣岳に登ったよー(核心は下山でしたが・・・)
プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク