谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁 南稜

★日付:2017年5月27日~28日
★天気:5月27日曇り時々雨 5月28日曇りのち雨
★参加者:T(CL)K(SL)I(記録)
★山域:谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁(6ルンゼ下降)
★コース:谷川岳ロープウェイ駐車場→一ノ倉沢出合→同駐車場幕営→一ノ倉沢出合→テールリッジ→中央稜取付→南陵テラス→6ルンゼ→南陵テラス下→テールリッジ→一ノ倉沢出合→谷川岳ロープウェイ駐車場
★コース状況:テールリッジ付近から雨が当たり始める。登攀中は終始雨、特に草原を歩くピッチ辺りから本降り、ここから 安全第一で登り始める。最終ピッチはかなり雨だと辛い。6ルンゼからの下降は特に問題なし
★感想:雨の日の南稜、まさしくアルパインクライミングと言った感じ。っとかっこ良く言うのは簡単、でも実際は命かかってるからね(笑。でも、色んな意味でとても勉強になった登攀だった。しかし、フラットソールってマジで滑りますね。登攀中は氷の上に足を置いてる心境(笑。次はバッチリ晴れた日にムーブを楽しめる登攀に行きたい。
南稜は雨が降ると南稜テラス~一ノ倉沢テールリッジ部までのフリーでの歩きが危ないけど、適切な所でロープ出せたし、適切な所にお助けロープあったりで、そのわりにスムーズに出来たのは良かった。

 ★山行の詳細はヤマレコにもあります。 
 ★ヤマレコ山行の詳細はこちらをクリック★ 




登攀中の会長

6ルンゼラペルステーション

馬の背後半を登攀中の会長

南稜テラスから見える白毛門

最終ピッチ。左のルンゼは6ルンゼ

テールリッジから振り返って

テールリッジ及び中央稜

ガスに包まれる谷川連峰

最終ピッチを登攀するI氏

1終了点から南陵テラス方面

南稜から見る中央稜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク