チンネ左稜線と八ツ峰Ⅵ峰Cフェース(真砂沢ロッジベース3泊4日テン泊)

★日付:2017年8/11(金)~14(月)
★天気:8/11 曇り→夕方から雨、8/12 曇り→八ツ峰Ⅵ峰Cフェース取付から雨→下山中の熊の岩付近から晴れ、8/13 晴れ時々ガス、8/14 晴れ時々ガス
★参加者:山宮(CL)、岩出(SL)
★山域:剱岳
★コース:室堂→剱御前小舎→剱澤小屋→平蔵谷出合→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→(長次郎谷)→(八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルート)→(八ツ峰上部縦走)→池ノ谷乗越→(北方稜線)→長次郎のコル→(長次郎谷左俣)→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→(長次郎谷右俣)→池ノ谷乗越→(池ノ谷ガリー)→三ノ窓→(チンネ左稜線)→チンネの頭→(池ノ谷ガリー)→池ノ谷乗越→(長次郎谷右俣)→長次郎谷出合→真砂沢ロッジ(テン泊)→長次郎谷出合→平蔵谷出合→剱澤小屋→剱御前小舎→室堂

★コース状況:(ルートグレードは参考にしたトポ図からで、あとは山宮の個人的な感想です。)

剱沢雪渓(剱澤小屋~真砂沢ロッジ)
・上部は黒ユリの滝、下部は南無の滝が出ていてその付近は雪渓が歩けず夏道を歩きました。
・雪は固く締まっていて傾斜も緩く上り下りともノーアイゼンで歩けました。

長次郎谷
・長次郎谷出合~熊の岩までは中間付近の岩の周りの雪渓が溶けてましたが後は問題なく歩けました。
・傾斜があるのでアイゼン&ピッケルで登りました。
・落石にも注意しました。
 (下部の雪渓上に石が多くあったので特に下部では注意しました。)
・右俣はクラックがありますが繋がっている雪を歩きました。
 (一部雪渓が繋がってないところは岩場側面下部へ一旦下りてガレ場を歩き再度雪渓に戻って通過しました。)
・左俣もクラックがありますが繋がっている雪を歩き通せました。

八ツ峰Ⅵ峰Cフェース劒稜会ルート(2級、Ⅱ~Ⅲ、5P、155m)
・雨でも問題なく登れました。
 (落ちたら大怪我以上ですがロープは必要ないと思うぐらいでした。)
・全体的に易しく特にどこが核心とかはないと思います。

八ツ峰Ⅵ峰Cフェース上部~池ノ谷乗越
・雨でルート状況がわからず先行PTについていく形で巻けるところは巻道で巻きました。
・Ⅷ峰は尾根上を歩くと後で知ったのですが、その時は先行PTを見失い巻道が無くなりどう取付くか迷いましたが何とか取付きを見つけ尾根上を登りⅧ峰を越えることができました。
・八ツ峰の頭に登れることを後で知ったのですが、その時は先行PTを追っかけて八ツ峰の頭はスルーしてそのまま池ノ谷乗越へと行きました。

北方稜線(池ノ谷乗越~長次郎のコル)
・特に問題なく通過しました。

池ノ谷ガリー
・浮石が多いと言うか浮石しかないと思うぐらい浮石しかありません。
 他の人とは間隔をあけて通過しましょう。

チンネ左稜線(4級下、Ⅰ~Ⅴ、15P、450m)
・伸ばせるところは伸ばしてPを切った。
・核心部の小ハングのところは支点がたくさんあった。
 カンテを使って登りハングのところで左へ移動し上へ抜ける感じですが最悪アブミ持ってれば安心だと思います。
 (アブミは携行してましたが使いませんでした。)
・他にもいやらしいところもあるが落ち着いて探せば問題なく登れます。
・基本ガバホールドが豊富でスタンスも豊富にあります。
 
チンネの頭からの下降
・いくつかルートがあるみたいですが、私たちはチンネの頭からチンネの頭と八ツ峰の頭の間へ下りて池ノ谷ガリーへ下るルートを使いました。
・チンネの頭からチンネの頭と八ツ峰の頭の間へは懸垂下降よりクライムダウンのほうが早くて安全に下れると思います。
 (チンネの頭にある懸垂下降点からクライムダウンするのではなくてチンネの頭にあるお約束で乗って写真を撮る飛び出た岩付近からハイマツのほうへと下る。)
・チンネの頭と八ツ峰の頭の間に支点がありますがその支点は使わずもう少し歩いて下りました。岩と岩の間を抜けると左に支点がありますがその支点も使わず右下に見えている支点まで更に下りそこから懸垂下降しました。
 (50mロープ1本で2回の懸垂下降。)
 ここはガレててザレてて浮石だらけなので落石に注意が必要です。
 (懸垂下降してくる人の下にいないとか、ロープを回収するときに元気に勢いよくひかないとか。)

★感想:今年のお盆山行は山岳会山行で前半3日は剱岳チンネ、個人山行で後半3日は北岳バットレスを計画しました。チンネは参加人数が少なくなり結局チンネもバットレスも岩出くんと2人で行くことになりました。8/12の雨、8/15~16の雨予報ということを検討しチンネ・バットレス両方とも登れなくなるという事態を避けようと2日目の朝にバットレスは諦めて中止することにし、チンネ4日の計画で動くことにして3日目のチンネの晴れにかけました!結果、最高の日にチンネ左稜線に登れてよかったです! (おまけの2日目の雨の八ツ峰もいろいろ良い経験になりました!)剣稜会ルートは雨でも快適に登れました。八ツ峰上部縦走は巻けるところは巻いて歩きましたがⅧ峰の尾根への取付きがわからず少し迷いました・・・・長次郎谷左俣の雪渓ですがクラック部分でも雪の繋がっているところがあるのでそこを通って問題なく歩けました。長次郎谷右俣の雪渓も問題なく歩けますが、クラック部分の1箇所だけ雪が繋がってないので左岸のガレ場に一旦下りて少し歩いて再度雪渓に取付きました。池ノ谷ガリーは浮石が多いというより浮石しかないという感じでした。

★反省:特にありません。

★山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1227975.html

チンネ他(1)
初日の最後・・・これから3泊する真砂沢ロッジが見えました

チンネ他(2)
2日目・・・八ツ峰Ⅵ峰、右からA、B、C、Dフェース

チンネ他(3)
Cフェース剣稜会ルートを登る山宮

チンネ他(4)
Cフェース剣稜会ルートを登る岩出くん

チンネ他(5)
Cフェース剣稜会ルートを登る岩出くん

チンネ他(6)
八ツ峰上部縦走中

チンネ他(7)
長次郎谷左俣から下りる

チンネ他(8)
雪渓には左から取付く

チンネ他(9)
クラックを上手く避けながら歩く

チンネ他(10)
八ツ峰Ⅵ峰Cフェース、右からA、B、C、D、Eフェース

チンネ他(11)
長次郎谷右俣左俣、中央に熊の岩、右は八ツ峰、左は源次郎尾根

チンネ他(12)
朝焼けのチンネ左稜線

チンネ他(13)
朝焼けのチンネのジャンダルム

チンネ他(14)
朝日

チンネ他(15)
左稜線取付きへ

チンネ他(16)
朝焼け

チンネ他(17)
1P目を登る先行PT

チンネ他(19)
快適なフェースを登る先行PT

チンネ他(18)
登ってくる岩出くん

チンネ他(20)
左稜線の核心部を登っている先行PTが見える

チンネ他(21)
私たちもこれから核心部を登る・・・

チンネ他(22)
小ハングを突破する山宮

チンネ他(23)
右手のガバを掴んで『よし、突破だ!』と確信する

チンネ他(24)
岩出くんも核心部を登ってくる

チンネ他(25)
核心部を越え残りのフェースを登ると後は高度感のあるリッジ歩き

チンネ他(26)
チンネの頭に立つ岩出くん

チンネ他(27)
最終日・・・みくりが池から見た立山三山

チンネ他(29)
下山してカツ丼大盛りを喰らう!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雪練の真下にて。

チンネの核心の突破と頭のshotかっこいいでした。私も必ず…(๑>◡<๑)
失礼しました。14日に雪渓にてお会いした龍谷大学関係者です。その節は愉しい時間ありがとうございます。山はいいですね。初めてでも気さくにお話できました。これからもご活躍たのしみに、拝見します。

Re: 雪練の真下にて。

Higashiさん、コメントありがとうございます。
写真がカッコよく見えるのはきっと天気のせいでしょうね(笑)
Higashiさんも是非晴れの日を狙って左稜線にトライしてみて下さい!
快適なクライミングが楽しめると思いますよー
いい写真もたくさん撮れるはずだし!!(笑)

プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク