赤岳(八ヶ岳山荘から西壁主稜テン泊周回)

日付:2017年1/21(土)~22(日)
天気:1/21 曇りのち晴れ
    1/22 曇り時々小雪(森林限界を超えると強風でした。)
参加者:山宮、他1名
山域:赤岳(八ヶ岳)
コース:八ヶ岳山荘駐車場→赤岳山荘→(北沢ルート)→行者小屋(テン泊)→(文三郎尾根)→赤岳西壁主稜取付→(赤岳西壁主稜)→赤岳→文三郎尾根分岐→(文三郎尾根)→行者小屋→(北沢ルート)→赤岳山荘→八ヶ岳山荘駐車場
コース状況:人気ルートだけあって主要な終了点にはしっかりしたアンカーが2箇所打ってあった。途中のランニングビレイはピナクル等をを利用できるが核心部分を越えるとフリーで登れてしまうので途中のランニングビレイの必要性はほとんど無かった。
感想:昨年3月に友人からのお誘いで計画した赤岳西壁主稜、直前で友人の都合が悪くなりキャンセルとなってしまって計画は流れてしまった。
昨年12月に友人から再度お誘いがあり今回の計画となった。
初日は行者小屋までの移動でしたがテン泊装備は重く長い林道歩きは疲れた。
翌日のアタック日は天気予報通りの曇りで森林限界を越えると強風だった。
それもまたアルパインぽっくて良かった(笑)
最初に出てくる赤岳西壁主稜の核心部チョックストーン(Ⅳ-)は友人がトップでチャレンジするも登れず私とトップを代わり突破する。
時間短縮の為ロープが必要ないところはフリーで登った。(ロープは最初の2ピッチとその次の0.5ピッチ、あとは中間にあるチムニー直下の1ピッチで使用、0.5ピッチを友人がその他は私がトップでした。)
途中、私の安全環付カラビナが回らなくなり確保器が使えなくなったのですがムンターヒッチでその場をしのぎ、ザックの中に予備として忍ばせておいたエイト環で確保しました。
いろいろありましたが全く動じず冷静に対処できたのは良かったです!
天気は悪かったのですが人気コースで渋滞も無く岩稜歩きを楽しめました♪

※山行の詳細はヤマレコにアップしてあります。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1051198.html


IMGP5997.jpg
文三郎尾根から赤岳西壁主稜へ取付く

IMGP5998.jpg
最初にして最大の難関、赤岳西壁主稜の核心部チョックストーン(Ⅳ-)

IMGP6001.jpg
この辺はフリーで!

IMGP6002.jpg
この辺もフリーで!

IMGP6005.jpg
チムニーを越えビレイ中に1枚。

IMGP6006.jpg
この辺もフリーで快適に登る。(友人が登り終えるのを待ちながらの1枚。)

IMGP6010.jpg
誰もいない山頂


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ncc事務局

Author:ncc事務局
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク